ヒューゴ Horiot のフランスの Autistan の大使就任の公共の定式化

2018 年 4 月 11 日「ジュリアン/ヒューゴ」(サシャ ・ ウォルフ) ヒューゴ ・ Horiot、映画の上映後、ブリュッセルのフランスのスカーフの Autistan の公式の大使を受けた *、ベルギーのフランソワ ・ Delcoux のための同等の手から。

*: フランスは疾患重症管理に達すると自閉症を持つ人々 を衰弱させる維持によって特に特徴付けられるベルギーの南に位置する国。(自閉症の方のための「ヒント」マップを参照)


ヒューゴ ・ Horiot (フランスの Autistan 駐日大使)、フランソワ ・ Delcoux (ベルギーの Autistan 駐日大使)。


ヒューゴ ・ Horiot は、彼の最新の本を署名「自閉症は、私を非難する」。


このイベントを促進するためフィルム ブリュッセル、アクション、ベルギーの協会自閉症で「冒険」に感謝します。


自閉症や、Autistan の外交機関のこの重要な日は、Autistan の色で暖かく、友好的な雰囲気の中で終了しました。

Autistan の外交組織は、フランソワ ・ Delcoux とのおもてなしと自閉症の人々 との連帯のためのサポートおよび参加と同様、ベルギー人とベルギー、ベルギー ボランティアに感謝したいと思います。


サシャ ・ ウォルフによって映画からの抜粋:

Hugo Horiot veut faire changer le regard sur l'autisme

Diagnostiqué autiste à l'âge de 3 ans, Hugo Horiot est aujourd'hui auteur et comédien. Il raconte pourquoi il faut mieux prendre en charge les enfants autistes en France.

Publiée par Brut sur Samedi 17 mars 2018